方針

 
 英語教室野洲の代表:白井です。

 ここでは、
 「英語教育のあり方」と「教室のあり方」についての
 私の思いを語らせていただきます。
 (英語が挫折[ざせつ]する【4つの原因】もお話しします。)

 さて、いきなりですが、、
 英語は、『知的スポーツ』です。

 『知的スポーツ』とは、「理解」と「練習」、両方が必要という意味です。

 「理解」とは、自分の中で、完全にすっきりするまで、
 単語の意味 や 単語の並び(文法) が分かる、ということです。

 そして、あとは、「練習」「練習」「練習」です。
 実は、「練習」が、さらに「理解」を深めます。
 そして、あるポイントまで練習すると、「使える」ようになります。

 「理解」⇒「練習」⇒「使える」という流れです。

 教える立場からすると、
 【理解】では、
 生徒に、いかに、すばやく正しい理解をもたらすことができるのか、
 【練習】では、
 生徒に、いかに、すばやく「使える」ようになるまで練習させるのか、
 が重要になります。

 【理解】では、
 まず、自分が正しい知識を持っていること、
 そして、それを、すばやく生徒に渡す説明とはどういうものか、
 【練習】では、
 「使える」ようになるための練習で、もっとも効率がよい方法とは何か、
 が、すべての先生や教室が、見つけて、
 改善し続けなければならないことです。

 私は、TOEIC満点と英検1級を持っていますが、
 正直、TOEIC満点と英検1級を取っても、
 ネイティブのレベルとは開きを感じていました。。
 そもそも、TOEICと英検は、簡単なので・・。
 なので、私は、ネイティブ講師にお願いすることにしました。
 これにより、できる限り100%正しい知識を持ちたかったからです。

 次に、その知識を、すばやく生徒に渡す説明は、
 当初、しばらくは苦労しましたが、、
 250人以上の生徒に、直接、教えてきて、ようやく、
 どういう説明が、すばやく理解させられるのか、わかってきました。
 ただ、これは、まだまだ、改善の余地があると思っています。
 が、かなり先が見えました。

 現在、中学3年分の文法(単語を除く)は、4時間のレッスンで、
 ほぼ、すべて理解させられます。
 今、これを、すべて動画にして、会員ページで見られるようにしています。
 単語の意味も、もっとわかりやすい説明ができるように、
 教材を開発中です。3分2完成し、使用を開始しました。

 では、教室は、必要ないんじゃないのか?
 動画と教材で、全部、済むんじゃないのか?
 という話になりますが、
 実は、私も、以前、そう思っていました。
 今、世間で売られている教材より、
 はるかに、わかりやすい動画と教材を作れば、
 それで済むのではないか、と。

 他の教科は、それで済む教科も多いと思います。
 でも、英語は、「知的スポーツ」なんです。
 投げ方や打ち方だけ勉強しても、いきなり野球ができないように、
 練習しないと、英語は話したり聞いたり、できないのです。

 なので、教室のあり方は、
 できる限り効率よく練習してもらえる
 環境を提供することなのです。

 英語教室野洲では、当初から、
 これを目的に、教室のレッスンを、開発・改良してきました。
 今後、さらに改良して、最高の「練習」が提供できるように
 精進させていただきます。

 もし、あなたが、英語の勉強で挫折されたことがある場合、
 それは、以下のいずれか(または複数)が原因です。
 【1】 先生や教科書が、そもそも、正しい知識を持っていなかった。
 【2】 先生や教科書の説明がわかりにくく、あなたには理解できなかった。
 【3】 「練習」をせずに「理解」だけしようとしていた。
 【4】 「理解」せずに「練習」だけさせられた。

 よくある英会話教室では、
 ただ、いきなりネイティブと話して、
 練習だけさせられることがあります。
 これは、初心者がするべきではないです。
 【4】の原因で、そのうち、挫折するからです。

 また、よくある学習塾や学校では、
 ただ、むずかしい文法用語の書いてある教科書を読むだけです。
 これも、【1】【2】【3】のいずれかの原因で、
 そのうち、挫折してしまいます。
 驚かれるかもしれませんが、
 実際、【1】の「先生や教科書が、正しい知識を持っていなかった」
 ということも、多々あります。
 特に、発音や基本的な単語は、
 かなり間違って説明されていることが多いです。。残念ながら・・。

 英語を、中・高・大学・塾・英会話教室で、6~10年間、勉強して、
 今、どのぐらい英語が話せますか?
 (何でもいいので、)英語で、5個、友達に質問ができますか?
 もしできなければ、根本的な部分がかなり間違っている可能性が高いです。

 物事には、何でも、より正しいやり方、よりうまいやり方、より効率がよいやり方、があります。
 ただ、その何倍、何十倍も、間違ったやり方、まずいやり方、効率が悪いやり方がありますが・・。

 英語教室野洲でお伝えしている英語の勉強のやり方は、今現在、私が、英語の勉強に関する100冊以上の書籍を読んだりして知っている方法(たとえば、暗記法やシャドーイングなどなど)より、はるかに効率がよいやり方です。
 レッスンのやり方も、私が知っている中で、もっとも効率がよいレッスンのやり方です。

 最後までお読みいただき、ありがとうございます。

くわしくは、
気軽にお問い合わせください!
※定員に限りがあるため、定員に達し次第、募集を締め切ります。